ジェットスターのチェックイン方法

航空券の予約をした後、予約確認、変更があれば変更手続きをした後は出発です!
ANAやJALなどの国内線はICカードやスマホなどを使って、チェックイン手続きをしなくても搭乗できるようになっていますが、LCCではチェックインは必ずしなければなりません。
ジェットスターはLCCでは珍しくウェブチェックインが行えます。そんなJetStarのcheck in方法をご紹介します。

ジェットスター空港でのcheck in

空港では自動チェックイン機を使ったチェックインと、カウンターでのチェックインがあります。
自動チェックイン機を使う場合には、旅程表に記載されている予約番号等を入力していくと自動チェックイン機から搭乗券および手荷物引換券などを印刷することができます。自動チェックインの方がさほど並ばずにチェックインできるのでオススメですが、10名以上の団体やお子様連れ、車いすの方等はチェックインカウンターでチェックインしなければなりません。
自動チェックイン機およびチェックインカウンターでのチェックイン締め切り時間以下のとおりです。ただし、チェックインの開始時間は空港または使用する航空機の種類によって違いますので、確認しましょう。

【国内線】
チェックイン締め切り時間:出発の30分前まで(国際線ターミナルから出発する国内線は60分前まで)
搭乗ゲート集合:25分前まで(国際線ターミナルから出発する国内線は40分前まで)

【国際線】
チェックイン締め切り時間:45分前まで(ジェットスター航空787型は60分前まで)
搭乗ゲート集合:40分前まで

ジェットスターのウェブcheck in

自宅やオフィスなどで簡単にチェックインできるサービスです。個人はもちろん、グループでの予約でもウェブチェックインが利用できます。
ウェブチェックインのやり方は簡単ですが、手続きには予約番号が必要になります。事前に用意しておきましょう。そして、ウェブチェックイン画面から予約番号、名前を入力し、搭乗券を印刷すればウェブcheck inは完了です。
ただし、ウェブチェックインは以下の時間内に行う必要があります。締め切り時間を過ぎた場合には、空港で自動チェックインまたはカウンターでのチェックインとなります。注意しましょう。

【国内線】48時間前から搭乗予定便出発時刻の1時間前まで
【国際線】48時間前から搭乗予定便出発時刻の2時間前まで
国内、国際線いずれも往路便の出発から復路便の出発までが7日以内の往復便であることが条件です。

ジェットスターのcheck in方法まとめ

ジェットスターのチェックイン方法はいかがでしたか。LCCでは珍しくJetStarではウェブcheck inが可能で、しかも手順は簡単です。LCCはどこの空港でもカウンターでのcheck inが長蛇の列ということが多いので、できるだけ自動チェックイン機やウェブcheck inを利用しましょう。

Related articles