ジェットスター知っておきたい情報

JetStarはLCCなのでサービスを何も期待していない方がほとんどだと思います。しかし調べてみると、思いもよらないもサービスがあったりします。また、手荷物や機内食など機内サービス以外でもJALやANAと違うところがあります。ここでは知っておいた方がいい、ジェットスターの情報をまとめてみました。

領収証の発行について

JetStarーはLCCでありながら、日本国内に多くの路線を就航しています。費用も安く、便利なジェットスターを最近では、出張時にジェットスターを利用する会社も出ているようです。出張などで利用し社内で旅費精算をする場合には領収証が必要になるケースも出てきます。もちろん旅程表に料金の詳細が記されてはいますが、ジェットスターでは別に領収証を発行するサービスを行っているのです。
領収証発行は日本語サイトのみ、しかも日本円のみの発行となりますが、ジェットスターHPのTOPページからMy Jetstarへログイン、その後予約番号で予約を検索し、領収証を発行するボタンを押すだけで領収証がメールで届きます。届いた領収証は、宛名が空白になっているので自由に記入する事ができます。

JetStarの子供の搭乗について

ジェットスターでは日本国内線において、座席を使用しない場合に限り2歳未満の子供は無料です。もちろんですが、15歳以上の同伴者が必要です。そして幼児の年齢を確認するため、出生証明書や旅券などが必要になりますので、搭乗する際には幼児年齢を確認できる公的証明書を持参ください。国際線においては幼児料金がかかります。

また、子供だけで搭乗する場合にも規制があります。
JALなどは国内線において6歳から子供だけで搭乗できるようなサービスを設けていますが、ジェットスターの国内線は11歳以下の子供だけでの搭乗はできません。11歳以下の子供は必ず15歳以上(2歳から11歳までは同伴者12歳以上)の同伴者が必要です。の日本の航空会社と同じような感覚で予約すると子供だけ乗れないということになりますので、お子さんの年齢には注意しましょう。

JetStarの会員登録

ジェットスターでは無料の会員登録があります。会員に登録するとキャンペーン情報やセール情報をいち早くメールで知ることができます。また会員登録をしておくと予約時の入力がスムーズになりますので、早さを問われるセール購入の際に役に立ちます。また、予約情報などをまとめて管理できるようになりますので、ぜひ会員登録しておきましょう。
最近ではジェットスターのアプリもあり、アプリでもセール情報を知ることができる他、予約、予約確認、そしてチェックインまでできるので非常に便利です。

ジェットスターはLCCでありながら、他のLCCに比べるとサービスが多く、非常に使いやすい航空会社です。セール期間を狙って予約すれば更にお得感は増すはずです。JetStarを賢く使って、浮いたお金は旅先でのshoppingやグルメに使ってください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked. *

Related articles