ジェットスター予約の変更

何かと制約が多いLCCでは予約の変更に手数料が発生する場合もあります。ジェットスターでは予約変更時に手数料はかかるのでしょうか。
ジェットスターの予約の変更方法と手数料について調べてみました。

ジェットスター座席の変更

ジェットスターでは座席指定はオプションとなり、基本運賃に追加して料金が発生します。座席指定をしない場合、空席に無造作に割り当てられるので、同行者と隣同志にならない可能性も高いので座席指定をしておくと確実です。うっかり予約時に座席指定のオプションを追加していない場合でも、予約後に座席指定することは可能です。予約確認画面から予約の変更をしてください。ただし、予約時に追加するオプション料金より高いので、できるだけ予約時に座席指定のオプションを追加しましょう。
既に予約時に座席指定のオプションをつけ、座席指定してある場合でも空席があれば座席の変更ができます。しかし、座席種類が違う座席への変更は差額が発生しますので、注意してください。

ジェットスター受託手荷物の変更

ジェットスターではすべての日本国内線と国際線のエコノミー席では、受託手荷物はオプションとなり、基本運賃に追加して料金が発生します。受託手荷物についても予約後に変更して追加することができます。ただし、予約時にオプションとしてつけた金額よりも高くなります。それでも事前に行った方が当日チェックインカウンターで追加するよりも安ことが多いので、必要となった場合には事前に変更することをオススメします。予約確認画面から受託荷物の追加を選択してください。
ただし、受託手荷物のオプションはかキャンセルすることができませんので、やっぱり預ける必要がないと思ってもお金は戻ってきません。

ジェットスター搭乗者名の変更

ジェットスターでは予約便のチェックイン開始時刻までに搭乗者の氏名を変更することができます。しかし変更する場合には、変更手数料が発生する場合もあります。せっかく安く航空券が買えても、搭乗者の名前を間違ったために手数料が発生する、なんてことがないように、予約時には搭乗者名の確認を必ずしましょう。
どうしても搭乗者の変更が必要になった場合は、インターネットで変更手続きはできません。コールセンターに電話をして変更してもらいましょう。ただし、一部の区間のみの搭乗者の変更はできません。
また、搭乗者名の変更だけでなく、ジェットスターでは搭乗される子供を追加することもできます。その場合にも追加手数料が発生します。また手続きはコールセンターとなります。

ジェットスター予約の変更まとめ

ジェットスターでは多くの予約の変更は可能です。しかしながら、ほとんどの予約の変更において、手数料が発生しますので、注意してください。オプション等を追加するも、航空券の予約時とはオプション代金が違って高くなります。無駄な変更で追加料金が発生しないように心がけましょう。

Related articles