ジェットスターを予約しよう

ジェットスター料金が安いから気軽に旅行できる等の理由で最近注目を集めているLCC。数多くあるLCC中でも、日本国内に多くの路線を持つジェットスターは、キャンペーンも多く、乗り心地の評価も高く人気です。
そんなジェットスターを使って旅に出ようではありませんか。まず、ジェットスターの予約の仕方を教えます!

ジェットスターの予約

ジェットスターの予約は料金が一番安いインタネットでの予約が最適です。パソコンに自信が無い人でも簡単に予約する事ができます。
まずは、ジェットスターの公式HPを開きましょう。TOP画面にフライトを検索するところがあるので、出発地と到着地を選択します。すると日付を選択する画面になるので、往路復路の希望日を選択します。片道のみを購入したい場合には、画面下側にある「片道」というところをクリックしましょう。

日付を選び、人数を入力したら、「フライトを検索する」というボタンを押せば、空席があるフライトが出てくるので、お好きな時間のフライトを選んでください。
フライトを選ぶと同時に「ちゃっかりPlus」や「しっかりMAX」などのオプションセットが出てきます。オプションセットについては後でご紹介しますが、オプションセットを選んで、料金を確認し、続けるボタンを押します。後は搭乗者の情報を入力し、質問事項に応え、続けるボタンを押します。
そして次の画面では座席の指定です。座席指定するにはオプションセットを追加しているか、別途座席指定料を払うかのどちらかになります。座席にこだわらない方、料金を気にする方は座席指定をスルーしましょう。そしてお支払い画面に進み、お支払い方法を選択し、決済したら予約は終了です。

ジェットスターのオプションセット

ジェットスタージャパンにはオプションセットいうものがあります。
「ちゃっかりPlus」は日時氏名変更等の手数料無料、スタンダード座席の指定無料、指定された重さの受託手荷物無料、遅延・欠航した場合のお見舞い金などのオプションがセットになっています。
「しっかりMAX」は「ちゃっかりMAX」より手厚いサービスとなっています。日時氏名の変更、払い戻し可能(手数料あり)、JALマイルの加算、全座席の指定無料、指定された重さの受託手荷物無料、遅延・欠航した場合のお見舞い金などがついています。
よりサービスを求める場合には、航空券予約の際にこれらのオプションセットをつけておくと安心です。

ジェットスターの予約まとめ

ジェットスターはLCCなので、基本的なサービスが限られています。そのため、航空券を予約する際にはどこまでのサービスを望むのか考えて、オプションを付ける必要があります。また、オプションをつけて行けば、通常の航空会社以上のサービスが受けられる場合もあります。しっかりと情報収集をし自分に必要なオプションをつけて利用しましょう。

ジェットスターの予約をしてみよう

アプリからも予約ができるジェットスターの国内線の最安値はスカイチケットで予約をすることをおすすめします。
ジェットスターの国内線の最安値はスカイチケット

ジェットスターの予約確認方法

ジェットスターの航空券をしたけれど、きちんと予約ができているのか不安になることがあります。そんな時に予約確認をする必要がありますが、ジェットスターの予約確認はどのようにするのでしょうか。
ジェットスターの予約確認のやり方をまとめてみました。

ジェットスターの予約確認

ジェットスターの予約確認は公式HPから行えます。TOPにあるログインをクリックし、ログインします。その後で、予約番号を入力すると予約が確認できます。
予約確認には、ログイン時に必要になるメールアドレスとパスワード、そして予約番号が必要になります。予約番号とは数字4桁または5桁の番号で、予約完了時に出てくる番号です。予約完了時に自動でご登録のメールアドレスに送信される旅程表にも記載されています。
また、ジェットスター専用のアプリ、コールセンターなどでも予約確認ができますが、いずれも予約番号が必要になります。

ジェットスターの旅程表

ジェットスターではインターネットで予約確認しなくても、旅程表に予約した内容が詳細に記載されています。また、旅程表には予約番号も記載されています。しかし、その旅程表はいつ届くのでしょうか?
それは、決済方法によって届くタイミングが違ってきます。
クレジットカードの場合には、予約と同時に決済になりますので、予約直後に旅程表メールが登録のメールアドレスに届きます。しかし、コンビニなどで払込みの場合には、予約直後ではなく、払込が完了した後に届きます。
また、クレジットカード決済、払込みをしたのに旅程表が届かない場合には、メールアドレスが違っている場合がありますので、ログインした上で登録されているメールアドレスを確認しましょう。

旅程表は大切に

ジェットスターの旅程表は予約を確認するだけなく、チェックインする時にも必要になります。自動チェックイン機でチェックインする際には印刷した旅程表を使います。ウェブチェックインする場合には、旅程表を印刷する必要はありませんが、予約番号は必要になりますので旅程表が届いたら印刷するか、スマートホンに保存しておくと便利でしょう。
また、旅程表内のアクティビティ明細は成田空港の指定駐車場割引や、関西空港の特急ラピートの切符の割引を適用する際にも使用します。

ジェットスターの予約確認は、いかがでしたでしょうか。
ジェットスターでは旅程表がかなり重要な書類ですので、まず予約完了後に旅程表メールが届いているか確認し、内容が間違っていないか確認することをオススメします。
面倒なことも多いLCCですが、何が必要なのか分かっていれば差ほど苦にもならないはずです。LCCをよく知って、賢く、快適に利用しましょう。

ジェットスター予約の変更

何かと制約が多いLCCでは予約の変更に手数料が発生する場合もあります。ジェットスターでは予約変更時に手数料はかかるのでしょうか。
ジェットスターの予約の変更方法と手数料について調べてみました。

ジェットスター座席の変更

ジェットスターでは座席指定はオプションとなり、基本運賃に追加して料金が発生します。座席指定をしない場合、空席に無造作に割り当てられるので、同行者と隣同志にならない可能性も高いので座席指定をしておくと確実です。うっかり予約時に座席指定のオプションを追加していない場合でも、予約後に座席指定することは可能です。予約確認画面から予約の変更をしてください。ただし、予約時に追加するオプション料金より高いので、できるだけ予約時に座席指定のオプションを追加しましょう。
既に予約時に座席指定のオプションをつけ、座席指定してある場合でも空席があれば座席の変更ができます。しかし、座席種類が違う座席への変更は差額が発生しますので、注意してください。

ジェットスター受託手荷物の変更

ジェットスターではすべての日本国内線と国際線のエコノミー席では、受託手荷物はオプションとなり、基本運賃に追加して料金が発生します。受託手荷物についても予約後に変更して追加することができます。ただし、予約時にオプションとしてつけた金額よりも高くなります。それでも事前に行った方が当日チェックインカウンターで追加するよりも安ことが多いので、必要となった場合には事前に変更することをオススメします。予約確認画面から受託荷物の追加を選択してください。
ただし、受託手荷物のオプションはかキャンセルすることができませんので、やっぱり預ける必要がないと思ってもお金は戻ってきません。

ジェットスター搭乗者名の変更

ジェットスターでは予約便のチェックイン開始時刻までに搭乗者の氏名を変更することができます。しかし変更する場合には、変更手数料が発生する場合もあります。せっかく安く航空券が買えても、搭乗者の名前を間違ったために手数料が発生する、なんてことがないように、予約時には搭乗者名の確認を必ずしましょう。
どうしても搭乗者の変更が必要になった場合は、インターネットで変更手続きはできません。コールセンターに電話をして変更してもらいましょう。ただし、一部の区間のみの搭乗者の変更はできません。
また、搭乗者名の変更だけでなく、ジェットスターでは搭乗される子供を追加することもできます。その場合にも追加手数料が発生します。また手続きはコールセンターとなります。

ジェットスター予約の変更まとめ

ジェットスターでは多くの予約の変更は可能です。しかしながら、ほとんどの予約の変更において、手数料が発生しますので、注意してください。オプション等を追加するも、航空券の予約時とはオプション代金が違って高くなります。無駄な変更で追加料金が発生しないように心がけましょう。

ジェットスターのチェックイン方法

航空券の予約をした後、予約確認、変更があれば変更手続きをした後は出発です!
ANAやJALなどの国内線はICカードやスマホなどを使って、チェックイン手続きをしなくても搭乗できるようになっていますが、LCCではチェックインは必ずしなければなりません。
ジェットスターはLCCでは珍しくウェブチェックインが行えます。そんなJetStarのcheck in方法をご紹介します。

ジェットスター空港でのcheck in

空港では自動チェックイン機を使ったチェックインと、カウンターでのチェックインがあります。
自動チェックイン機を使う場合には、旅程表に記載されている予約番号等を入力していくと自動チェックイン機から搭乗券および手荷物引換券などを印刷することができます。自動チェックインの方がさほど並ばずにチェックインできるのでオススメですが、10名以上の団体やお子様連れ、車いすの方等はチェックインカウンターでチェックインしなければなりません。
自動チェックイン機およびチェックインカウンターでのチェックイン締め切り時間以下のとおりです。ただし、チェックインの開始時間は空港または使用する航空機の種類によって違いますので、確認しましょう。

【国内線】
チェックイン締め切り時間:出発の30分前まで(国際線ターミナルから出発する国内線は60分前まで)
搭乗ゲート集合:25分前まで(国際線ターミナルから出発する国内線は40分前まで)

【国際線】
チェックイン締め切り時間:45分前まで(ジェットスター航空787型は60分前まで)
搭乗ゲート集合:40分前まで

ジェットスターのウェブcheck in

自宅やオフィスなどで簡単にチェックインできるサービスです。個人はもちろん、グループでの予約でもウェブチェックインが利用できます。
ウェブチェックインのやり方は簡単ですが、手続きには予約番号が必要になります。事前に用意しておきましょう。そして、ウェブチェックイン画面から予約番号、名前を入力し、搭乗券を印刷すればウェブcheck inは完了です。
ただし、ウェブチェックインは以下の時間内に行う必要があります。締め切り時間を過ぎた場合には、空港で自動チェックインまたはカウンターでのチェックインとなります。注意しましょう。

【国内線】48時間前から搭乗予定便出発時刻の1時間前まで
【国際線】48時間前から搭乗予定便出発時刻の2時間前まで
国内、国際線いずれも往路便の出発から復路便の出発までが7日以内の往復便であることが条件です。

ジェットスターのcheck in方法まとめ

ジェットスターのチェックイン方法はいかがでしたか。LCCでは珍しくJetStarではウェブcheck inが可能で、しかも手順は簡単です。LCCはどこの空港でもカウンターでのcheck inが長蛇の列ということが多いので、できるだけ自動チェックイン機やウェブcheck inを利用しましょう。

ジェットスター知っておきたい情報

JetStarはLCCなのでサービスを何も期待していない方がほとんどだと思います。しかし調べてみると、思いもよらないもサービスがあったりします。また、手荷物や機内食など機内サービス以外でもJALやANAと違うところがあります。ここでは知っておいた方がいい、ジェットスターの情報をまとめてみました。

領収証の発行について

JetStarーはLCCでありながら、日本国内に多くの路線を就航しています。費用も安く、便利なジェットスターを最近では、出張時にジェットスターを利用する会社も出ているようです。出張などで利用し社内で旅費精算をする場合には領収証が必要になるケースも出てきます。もちろん旅程表に料金の詳細が記されてはいますが、ジェットスターでは別に領収証を発行するサービスを行っているのです。
領収証発行は日本語サイトのみ、しかも日本円のみの発行となりますが、ジェットスターHPのTOPページからMy Jetstarへログイン、その後予約番号で予約を検索し、領収証を発行するボタンを押すだけで領収証がメールで届きます。届いた領収証は、宛名が空白になっているので自由に記入する事ができます。

JetStarの子供の搭乗について

ジェットスターでは日本国内線において、座席を使用しない場合に限り2歳未満の子供は無料です。もちろんですが、15歳以上の同伴者が必要です。そして幼児の年齢を確認するため、出生証明書や旅券などが必要になりますので、搭乗する際には幼児年齢を確認できる公的証明書を持参ください。国際線においては幼児料金がかかります。

また、子供だけで搭乗する場合にも規制があります。
JALなどは国内線において6歳から子供だけで搭乗できるようなサービスを設けていますが、ジェットスターの国内線は11歳以下の子供だけでの搭乗はできません。11歳以下の子供は必ず15歳以上(2歳から11歳までは同伴者12歳以上)の同伴者が必要です。の日本の航空会社と同じような感覚で予約すると子供だけ乗れないということになりますので、お子さんの年齢には注意しましょう。

JetStarの会員登録

ジェットスターでは無料の会員登録があります。会員に登録するとキャンペーン情報やセール情報をいち早くメールで知ることができます。また会員登録をしておくと予約時の入力がスムーズになりますので、早さを問われるセール購入の際に役に立ちます。また、予約情報などをまとめて管理できるようになりますので、ぜひ会員登録しておきましょう。
最近ではジェットスターのアプリもあり、アプリでもセール情報を知ることができる他、予約、予約確認、そしてチェックインまでできるので非常に便利です。

ジェットスターはLCCでありながら、他のLCCに比べるとサービスが多く、非常に使いやすい航空会社です。セール期間を狙って予約すれば更にお得感は増すはずです。JetStarを賢く使って、浮いたお金は旅先でのshoppingやグルメに使ってください!